FLOWER PHOTO ESSAY

フラワーティストとして花に触れ、それから、ファインダーを覗き何度もシャッターを切っています。
その間は、花と一対一で向き合っているような感じで、花もいつもと違う表情を見せてくれます。
ここでは、気になる花をPick Upしてその花のエピソードや想いを写真と一緒にお届けします。

15.07.03

Lilacs ライラック

ライラック

 

フランス語読みで、リラ。 リラの花という人も。

清涼地が好きなので日本ではやや厳しく、楽しめる期間も短い。。。なので出ている期間にはいつも部屋に飾って、その色と香りに包まれていたいと思います。

色名に” ライラック ”という名前があるくらい、代表的な花色、薄紫。

房で咲いている姿も美しいですが、花びらを水に浮かべると薄紫がさらに美しく見え、思わずシャッターを切りたくなる、魅力的な花です。

 

 

 

 

15.06.14

Protea プロテア

プロテア

 

 

花の王様とも呼ばれる、プロテア。

花自体が大きいので普通のアレンジメントにはやや使いにくい感もありますが、存在感大なので、一輪だけが部屋のどこかにあるだけでも一気に雰囲気が変わりそうです。

乾いた感じがするので、夏、アジアンテイストのインテリアや家具と一緒に撮りたいです。南国気分に浸れそうです。

たくさんの花びらのように見えるピンクは、総苞片といって葉が変形したもの。なかなか奥が深く魅惑的なアートな花です。

 

 

 

 

15.05.27

Tillandsia チランジア

エアプランツ チランジア

 

エアプランツ、インテリアプランツとして、そのユニークな造形が注目されています。 夏になると花々の色よりグリーンに目がいきます。

様々な種類があるチランジア、家具、床、空間とどこにおいても絵になる一枚が撮れそうです。

名前から空気中の水分で育つと思われがちですが、あまり温度が低くなりすぎなければ屋外がオススメです。意外と水が好きな植物です。

屋内のインテリアグリーンとして楽しみたい場合は、数日に一度、半日ほど頭まで水に浸けると良いかもしれません。

 

 

 

15.05.15

Peony シャクヤク

シャクヤク コーラルシュプレーム

 

初夏のゴージャスな花として、シャクヤクは外せません。 中でも、コーラルチャーム、コーラルサンセット、ハワイアンコーラル….などなど、名前に”コーラル”とつく、サンゴ礁色のシャクヤクたちが気になります。

他の花にはない色、大きく印象的な雌しべのコーラルシュプレーム。

小さなピンポン玉ほどの蕾から花が開くまでに時間はあまりかからず、スローモーションのように開く花びらを撮るのはこの時期の楽しみでもあります。

 

 

 

15.04.21

Viburnum ビバーナム

ビバーナム スノーボール 

この時期のグリーンとして何にでも合わせやすく、存在感があります。 アジサイに似ていますが、少し小さく枝に付いた花がふわふわと垂れ下がり、一本でも絵になります。

単体でも、また、合わせる花によって、可愛くも、スタイリッシュにもなるマルチなグリーンです。

爽やかなグリーンは5月のイメージ。

 

 

 

 

15.03.25

Magnolia モクレン

モクレン 木蓮

桜と同じ時期によく庭先で見かける、素敵な花びらの花。白や紫の花を咲かせるモクレン。

昔は、花の形がランに似ていることから木蘭(もくらん)と呼ばれていましたが、今は、ランよりもハスの花に似ていることから木蓮(もくれん)と呼ばれています。

最近では、マグノリアという英名もよく耳にします。ウェーブのきいた花びらは、どの角度から見てもアート。予測なく、突然おちる花びらも実にアート。

 

 

 

 

15.03.01

SWEET PEA 豆の花

エンドウマメの花

 

春の花の一つにスイトピーがあります、マメ科の花です。同じマメ科のこの「豆の花」は、サヤエンドウの花と実、そしてツル。

切り花として購入してしばらく花瓶にいけて楽しんでいると数日で花が落ち、その下に小さなエンドウマメが顔を出します。普段は野菜として育てられるエンドウマメ。そして目にするのは、実(豆)の部分だけです。


花瓶の中での数日の変化は、とても興味深いです。その先にくるくると伸びていくツルもまた可愛く、この部分を春のアレンジメントに使うとちょっとしたアクセントになります。

 

 

 

 

14.09.04

KIWI キウイズル

キウイのツル

 

自然に伸びたツルは、それ自体、どれも個性的でアート。

 

ドライにしたこのツルをリース土台(円形)にしてその上に花を装飾する事もよりありますが、せっかく奔放に伸びたツルに力を加え、皆同じような形にしてしまうよりは、この自由な形を見て楽しみたいものです。

 

このままドライ化するので水につけずに横にして床に置いたり、家具の上に飾って楽しむことも。
普段のインテリアに変化がつきそうです。 是非お試しを!

 

14.04.24

Dahlia マンゴーピーチ

ダリア マンゴーピーチ

大輪の豪華な咲きっぷりで、今や大人気のお花となりました。夏の花ですが、需要が多いので周年で出回るようになってきました。ゴージャスなたたずまいは見ているだけでリッチな気分に。

花姿だけがゴージャスではなく、この辺は比例して価格も豪華。

日持ちしないのが残念な所ですが、数時間で変わる姿から目を離せません。大輪の花の後ろ姿も思いっきり伸ばした美しい花びら達で覆われています。

14.04.11

Framing Parrot フレミングパロット

フレミングパロット チューリップ

パロット咲きのチューリップ、数年前にブレイク、フラワーバルブオブザフラワーを受賞したレッド&イエローのカラフルなチューリップ。毎年新種のチューリップが誕生する中、いまだ存在感は健在!といった感じです。

オウムの羽のような花びらからついたフレミングパロットいう名前ですが、その名の通り咲き始めると羽が広がったようになって生きているようです。

被写体としては、つぼみから花びらが落ちるまで、申し分ないアートな花。

Copyright © Yoko Takeuchi All Rights Reserved.

All images are protected under copyright law.